どーも!

ペナルティーエリア内の守備が苦手なYOKOです。

FIFA18やってて、難しいと感じる事ってありますか?

僕はディフェンスですね〜。

結構、ネットで調べると僕のようにディフェンスを難しく感じている人が多いようです。

なら、ディフェンス重視のフォーメーションって何だろうと考えました。

そこで、目を付けたのが4-2-3-1ワイド

オンライン対戦でも、結構使っている人が多いイメージ。

けど、4-2-1-2-1ナローの記事でも語ったと通り、どんなフォーメーションにもメリット、デメリットがあります。

各フォーメーションの特徴がわかれば、配置すべき選手が分かり、試合を有利に進められるかもしれません。

てな訳で、今回は4−2−3−1(2)ワイドの特徴とオススメ選手について語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

4-2-3-1ワイドのメリット、デメリット

メリット

4-2-3-1は、4バック、ボランチ2人、サイドハーフ、トップ下、ワントップで構成されています。

このフォーメーションの最大の長所は、守備が非常にしやすいという点です。

相手の中央突破には、センターバック2人とタブルボランチで対応。い

サイド攻撃に対して、サイドバックとサイドハーフで連携して対応することができます。

相手の攻撃に対して、ある程度の人数をかけて対応することができるので守備的なフォーメーションと言えます。

また、攻撃面ではサイドハーフとサイドバックがいますので、サイドからの攻撃が有効になります。

おすすめ戦術

おすすめの戦術としては、カウンターというより中盤でしっかり繋ぐポゼッションがおすすめ。

ワントップも裏抜けするより、しっかりキープして周りにボールを散らすイメージです。

デメリット

デメリットはやはり、ディフェンスや中盤に人数を割いているので、ワントップへの負担が非常に大きくなるという点です。

なので、ワントップは1人で何でもできる万能型もしくは怪物級の能力が必要になってきます。

また、中央突破をする場合、サイドの選手はワイドに開いていて、ボランチも守備に回っていたりしますと、トップ下とワントップの2人という少人数で崩していくことになるので、ワントップだけでなくトップ下の選手の能力もかなり必要になってきます。

スポンサーリンク

キーポジションとオススメ選手

ワントップ

やはり、ワントップの宿命として、相手選手の守備を集中的に受けることになるので、高いフィジカルとボールコントロールが必要になります。

スピードで裏に抜けるタイプというより、真ん中でどっしり構えるタイプが良いです。

個人の選手への指示では、サポートラン「中央にとどまる」、アタッキングラン「ターゲットマン」がオススメです。

実際のオススメ選手としては、リーガの選手では、レアルのクリロナやバルサのスアレスあたりですが、UTモードだとお高いので、ジエゴ・コスタがおすすめ。

セリエAだとイグアイン

ブンデスだとレヴァンドフスキ

プレミアだとイブラかルカク

リーグアンだとカバーニ

主要リーグだとこの辺がおすすめです。

0トップもあり!?

もし、チームにフィジカル系のフォワードがいない場合は、スピードやパス、ドリブル能力が高いフォワードをワントップに起き、個人の選手への指示で、アタッキングラン「フォルス9」という設定もありです。

フォルス9というのは偽9番という意味で、ストライカーと見せかけてトップ下の位置まで降りてゲームを作るという役割。

これは、別名0トップと言い、2010年ワールドカップ時の日本代表の本田やローマのトッティなどが有名です。

チームに強力なフィジカル型ワントップがいない場合、ぜひ試してみてください。

理想な偽9番(0トップ)としては、アトレティコのグリーズマンやレアルのベンゼマあたりかなと思います。(もしくは、普段トップ下やってる人)

トップ下

ワントップの補佐として、パスが回せる典型的な10番タイプというより、機動力に優れたスピード、またはドリブル能力に長けたトップ下が適任です。

個人の選手への指示では、ディフェンスサポート「前線に張る」、フリーポジショニング「自由に動く」が良いです。

実際のおすすめ選手は、リーガだとイスコ

プレミアだとエジル

ブンデスだとチアゴ・アルカンタラ

セリエAだとディバラ

リーグアンだと、ムバッペ

あたりがオススメです。

まとめ

今回の記事をまとめますと

・4-2-3-1ワイドは守備をしやすいフォーメーション

・しかし、強力なワントップとそれを補佐するスピードとドリブル能力があるトップ下が攻撃には必要になる

でした。

良いワントップさえいれば、かなり使いやすいフォーメーションなのでぜひ試してみてください!

ではでは〜!

PS、今回紹介したのは4−2−3−1のワイドでしたが、攻撃時に人数をかけたい場合やカウンターをしたい場合、ワントップの補佐を増やしたい場合は4−2−3−1のナローにすると良いです。

サイドハーフがより中に絞り攻撃的になります。(サイドの守備が若干弱くなるので、そこは注意)

スポンサーリンク