どーも!

最近まで川崎の近くに住んでたYOKOです。

見てて面白いチームって、どんなチームでしょうか?

やはり、中盤で華麗にボールを回し、一撃必殺のスルーパスから豪快に点を決めれる攻撃的チームが僕は好きです。

現在Jリーグで、最も攻撃的なチームと思うのが川崎フロンターレ

昨シーズンは、その攻撃的サッカーで見事Jリーグを制覇しました。

そんな攻撃的な川崎フロンターレ、一体どんなフォーメーションやメンバーがいるのか気になりますよね。

てな訳で今回は、FIFA18で川崎フロンターレのフォーメーションやメンバーをご紹介していきます。

スポンサーリンク

川崎フロンターレのフォーメーションとベストスタメン

まずは、現状のフロンターレの基本フォーメーションとベストスタメン(YOKOが思う)がこちら。


基本フォーメーションは、4-2-3-1

中盤に技術に長けた選手が多く、Jリーグ屈指のボールポゼッション力があります。

スタメンは、ワントップに小林悠(あまりに小林のマークがキツい時は、阿部をワントップの位置に置き0トップのような役割にさせ、小林が右サイドに配置されることもタマにある)

トップ下に正確無比なラストパスを供給できる中村憲剛

両サイドに攻撃センス抜群の阿部浩之と家長昭博。(ジョーカーに長谷川竜也や斎藤学が控えてるのが驚異)

ダブルボランチには、パスセンスが光る大島僚太と、大卒入団1年目でチームに定着した守田英正

両サイドバックは、左にA代表歴もある車屋紳太郎、超攻撃的サイドバックのエウシーニョ

センターバックは、昨年ディフェンダーながら得点を量産した谷口彰悟とファイター型の奈良竜樹。(センターバックのどちらかが出れない時は、車屋がセンターバックに入り、空いた左サイドバックに登里が入ることが多い)

守護神は、韓国代表としてワールドカップに2度出場したチョン ソンリョン

 

いや〜、戦力的にはJリーグ屈指ですね!

代表歴ある選手も多いですし、若手、中堅どころ、ベテラン、外国人がバランスよく配置されてます。

スポンサーリンク

主力選手

各ポジションの主力選手をFIFA18を使って紹介していきます。(選手の横の数字は能力値でJリーグでは70いけば代表レベルといった感じ。緑の上矢印は、現状調子が良くてデフォルト時より能力が上がっているという意味です。)

FW

小林悠

昨年の得点王&MVP

今シーズンもコンスタントに点を決めてます。

得点の秘訣は、走力に加え、ポジショニング(77)センスが良いからだと思います。

MF

中村憲剛

フロンターレのバンディエラ。(大卒で入団後、フロンターレ一筋)

ショートパス(77)はもちろん、FK精度(83)やカーブ(85)の能力も高く、アシストを量産できる選手です。

プレースタイル的に40歳超えても現役でプレーできそうな感じがします。

阿部浩之

ガンバから移籍後、無事フロンターレサッカーに順応できたアタッカー。

前線でとにかく走り回ります。

FIFAではスタミナが65になってますが、個人的に90あっても良いと思うw

家長昭博

ガンバ時代に西野監督から「トップパフォーマンスはメッシ以上」と言わしめた天才(さすがにメッシ以上は盛りすぎたと思う)。

加速(82)とダッシュ速度(80)が高く、ボールコントロール(75)とドリブル(76)に優れています。

長谷川竜也

小柄ながら圧倒的なテクニックで相手を翻弄するアタッカー。

加速(89)とダッシュ速度(83)の走力に加え、敏捷性(93)とバランス(92)という圧倒的クイックネスが武器。

まだ途中出場が多いですが、出た試合にはコンスタントに結果を残している印象。

齋藤学

マリノスから移籍してきたJリーグ屈指のドリブラー。

左サイドからのカットインは一見の価値あり。

おそらく怪我の影響からか、途中出場やベンチ外が続いているので早く万全の状態にしてもらいたいですね。

大島僚太

川崎の背番号10番。

ボールを失わないバランス(87)能力があり、常に動き続けられるスタミナ(80)があります。

あと、意外に足が速い(加速85とダッシュ速度80。僕的にあまり足速いイメージなかった)

守田英正

大卒1年目でいきなり頭角を現してきた新星。

大学ナンバー1ボランチと言われていたそうですが、いきなり前年覇者のフロンターレでレギュラーを獲るのは凄すぎます。

守備専のボランチでカバーリング能力が高いです。

登里享平

左サイドバックと左サイドハーフ両方できる貴重な存在。

先発することはあまり多くないですが、スーパーサブとしてきっちり仕事をこなします。

足が速く(加速86、ダッシュ速度87、敏捷性90)、スタミナ(85)が高いので、攻守に活躍してくれます。

DF

車屋紳太郎

昨年、代表に選ばれ、Jリーグベストイレブンにも入った左サイドバック。

スタミナ(85)があり、センターバックもできるという点が強み。

エウシーニョ

可動範囲が広すぎるブラジル人右サイドバック。

攻撃時には、平気でFWのポジションまで上がっていきます。

それを可能とするのは、驚異的なフィジカル(86)とスタミナ(90)。

谷口彰悟

ボランチもできるイケメンセンターバック。

183センチの身長に加え、ジャンプ力(79)があり、ヘディングでのゴールも多いです。

奈良竜樹

キーパーも難なくこなす、武闘派センターバック(GKのチョン・ソンリョンが退場になり、交代枠も無かったため、急遽キーパーをやる羽目に。ファインセーブもし、無失点で試合を終えた)

もちろん、ディフェンス能力も高いです。(特に、ジャンプ力83)

チョン・ソンリョン

キック精度が高い、元韓国代表のゴールキーパー。

ポゼッション型の川崎としては、キーパーのキック精度はかなり重要。

副キャプテンも任されていることから、チームでの人望も厚い様子。

FIFA18やってみた!

今回は、2018年8月15日Jリーグ22節 VSサガン鳥栖戦シュミレートしてみました。 

1点目の中村憲剛のアシストが個人的に好き!

今後のフロンターレ

現在、川崎フロンターレは、リーグ3位(21節終了現在)。

1位の広島の勝ち点と結構差があります。(広島勝ち点48、川崎1試合少なく39)

ここ最近は勝ち越せているので(5試合中4勝1敗)、この調子で勝ち点を重ね続ければ連覇の可能性もまだあります。

また、9月5日にはルヴァンカップで鹿島アントラーズと対戦するので、それも見所。

個人的には、齋藤学が早く復調して活躍するのが見たいですね。

今後も川崎フロンターレの攻撃サッカーに期待です!

ではでは〜!

スポンサーリンク