どーも!

学生時代、ピルロのようなレジスタに憧れたけど、即自分には無理だと悟ったYOKOです。

今後、日本代表を背負っていくのはどんな選手でしょうか。

久保建英や堂安律のような若手?

長友や乾のようなベテラン?

もちろん、若手もベテランも必要であることは間違いないです。

が、やはり中心になるのは20代半ばの中堅選手

昌子、宇佐美、原口など、ちょっと前まで若手だと思っていた面々が、今や立派に日本代表の中心です。

そんな中堅の中で僕が今一番期待しているのは、柴崎岳選手。

ワールドカップでも大活躍した柴崎は、今後の日本代表の中盤に不可欠な存在になるはずです。

そんな柴崎ですが、詳しい能力など以外に知られていないことが多いかと思います。

てな訳で今回は、FIFA18で柴崎岳のプレースタイルを分析していきます。

スポンサーリンク

FIFA18で見た柴崎岳のプレースタイル

FIFA18の柴崎の能力がこちら。

まず、総合能力値が75

日本人としてはなかなかの能力値。

まだ、20代半ばなので、今後の活躍によってはもっと伸びるかもしれませんね。

選手情報としては、中盤ならどこでもイケるということが強み

ボランチ、トップ下、右サイドハーフ(左もできると思うんですけどね)ができる器用さがあります。

それでも、柴崎の展開力を考えたら、やっぱりボランチが一番向いているのかな〜と思います。

次に、メンタルとフィジカル面。

やはり、どーしてもガタイ的にフィジカル(60)が低めですが、ボランチに必要な冷静さ(74)と視野(80)を持ち合わせています(普段のクールなインタビューとか見ると、冷静さは90以上でも良いんじゃないかと思いますw)

視野が広いせいか、インターセプト(74)能力も中々高い(ワールドカップでもパスコースの消し方が結構上手かった)

そして、スタミナ(77)、リアクション(76)、バランス(77)、敏捷性(78)、加速(73)といった広い中盤で必要な運動量系の能力が高いです。


スキル面では、やっぱりショートパス(78)とロングパス(75)が高め(ベルギー戦の原口へのスルーパスは神だった)。

それに加え、マーク(72)とタックル(71)という守備能力も意外に高いのが流石!

さらに、ボールコントロール(77)とドリブル(74)も備えています。

欲を言えば、今後海外で成り上がっていくには、ボランチとはいえゴールをとる能力が必要だと思います(決定力66、ロングシュート62、シュート64と低め)

スポンサーリンク

ワールドカップでは大活躍だったけど、所属しているヘタフェでは、、、

現在、柴崎が所属しているのがスペインリーグ1部のヘタフェ

2017-2018シーズンは順位も8位という中々の成績でした。

そんなヘタフェで柴崎は、背番号10番を背負ってます。

さぞ、チームの王様として君臨しているだろうと思われがちですが、正直2017−2018シーズンでの活躍は微妙でした。

リーグ全38試合中、出場したのが途中交代を含め22試合。

開幕戦から4試合目のバルサ戦で怪我をしてしばらく離脱し、復帰後もベンチが続いたりと苦戦していた感じです。

ゴール数も1点のみと寂しい印象(その一点がバルサ戦のスーパーゴールという点は素晴らしい!)。

ちなみに2017−2018シーズンの最終戦のフォーメーションはこんな感じ、

基本フォーメーションは4−4−2で、柴崎は中盤の2ボランチの一角として起用されることが多かったです。

しかし、ヘタフェの監督からはフィジカル面が低いと見られていたようです。

最終戦は先発できましたが、現状ヘタフェでは絶対的レギュラーではないのが現実です。

なので、2018−2019シーズンはもしかしたら別のチームに移籍する可能性があります(候補としてポルトやベティス)

しかし、僕としては残留し、しっかりヘタフェで結果を残してから移籍してほしいですね。

FIFA18で2018-2019 リーガ開幕戦 ヘタフェ対レアルマドリードをシュミレートしてみた!

今回のシミレーションは、2018ー2019 リーガ開幕戦。

柴崎はチームに残留し、開幕スタメンの程でやります(僕の希望を込めて)

なんてったって、相手はレアルマドリード

ここで活躍できれば、スタメン定着にグッと近づくはずです。

無事、柴崎ゴール!(それにしても柴崎の顔似てなさすぎるwwFIFA19ではどうにかしてほしい)

現実でも柴崎はレアル相手にゴールをとってくれるハズ。

ちなみに日程は、2018年8月20日です。

中継はダゾーンで見れます。

まとめ

今回の記事をまとめますと

・これからの日本代表を支えていくのは20代半ばのプラチナ世代が中心

・そのプラチナ世代の中でも、特に柴崎岳にYOKOは期待している

・柴崎岳は、パス能力、運動量が多いボランチで守備の項目も結構高め。

・課題は、フィジカルと得点能力

・所属のヘタフェでは苦戦していて移籍の噂もあるが、開幕戦ではレアルマドリードと当たるので、そこでの活躍に期待!

でした。

ワールドカップでの柴崎を見る限り、ヘタフェでも十分活躍できる能力はあると思います。

昨シーズンは怪我のタイミングも悪かったですし、今シーズンは怪我さえなければ、もっと良い活躍をしてくれると信じています(もしかしたら、別チームに移籍するかもですが)。

とにかく開幕戦のレアル戦での活躍を楽しみにしていきましょう!

ではでは〜!

スポンサーリンク