どーも!

中学生の頃、よくロベカルのフリーキック真似してたYOKOです。

FIFAで負けられない戦いがそこにあると時、あなたはどーしますか?

僕ならとにかく強いチーム使います。

個人的にFIFAにおいて最強のチームはレアル・マドリードなんじゃないかなと思います。

なので、オンラインシーズンでは主にレアル使ってます。

どんなに「チートだ!」「レアルはずるい!」と言われても、僕はレアルを使い続けます。

なぜなら、強いと同時に使ってて楽しいからです!

ディフェンスラインは守備力と攻撃力を兼ね備え、中盤はテクニックお化けが揃い、前線にはまさにチート級のスピードとシュートを持つ選手が約2名ほどいます。

正直どんなフォーメーションや戦術にしても強いですが、どうせやるならレアルの力を100%引き出したいですよね。

でも、レアルって化け物選手ばかりで選手層も厚いので、逆にどんなフォーメーションにすれば良いか迷いがち。

てな訳で今回は、僕的レアルのオススメフォーメーションと戦術を伝えていきたいと思います。

スポンサーリンク

オススメのフォーメーションその1  4-3-3 ホールディング

配置メンバー

レアルで最も有名で使っている人も多いであろうフォーメーションです。

最大の特徴は、ベイル、ベンゼマ、クリロナのBBCトリオからなる前線の3トップ。

両翼にスピードと決定力を兼ね備えたベイル、ロナウドに加え、中央にはアシスト能力の高いベンゼマを配置します。

中盤は3人と手薄になりますが、インサイドハーフに守備も攻撃も両方できるモドリッチクロースという万能型MFコンビ、アンカーには守備職人のカゼミーロを配置することで幅広く中盤をカバーできます。

ディフェンスラインは超攻撃型左サイドのマルセロ、攻守にバランスよくクロス精度も◎な右サイドのカルバハル、センターに闘将セルヒオ・ラモスにスピード系CBのヴァランが鉄板です。

戦術

戦術は、とにかくボールを奪ったら個人能力がずば抜けている3トップにボールを素早く配給するのが好ましいので、カウンターがオススメです。

個人の条件設定

両ウイング(クリロナ、ベイル)

この2人には攻撃に集中してもらいたいので、ディフェンスサポートは「前線に張る」で。

また、この2人はクロッサーと言うよりストライカーに近いので、チャンスメイクは「中に切り込む」が良いです。

スピードも非常に早いので、サポートランは「裏に抜ける」

2人とも得点能力が高く、ヘディングも強いのでクロス時のサポートは「クロスに合わせてペナルティエリアに入る」がオススメです。

センターフォワード(ベンゼマ)

ベンゼマは足元の技術、フィジカル、ショートパスの能力が高いので、サポートラン「中央に留まる」、アタッキングラン「ターゲットマン」に設定し、ボールを収め、タメを作り、両ウイングや中盤へパスを散らすチャンスメーカーにするのがオススメです。

攻撃的インサイドハーフ(モドリッチ、クロース)

この2人には攻撃はもちろん、守備も頑張ってもらわねばなりません。

守備専のカゼミーロだけに守備を任せるのはさすがに可哀想です(笑)

攻撃しつつ、カゼミーロをフォローするために設定は全てバランス(初期設定)でOKです。

アンカー(カゼミーロ)

カゼミーロには、ディフェンスに専念してもらいたいので、アタッキングサポートを「攻撃時に上がらない」で設定するのが良いかと思います。

両サイドバック(マルセロ、カルバハル)

両ウイングは中に切れ込む設定にしているので、サイドにフリースペースが生まれやすくなります。

そのスペースをサイドバックとは思えない攻撃性能を持ったマルセロとカルバハルで攻めていくのが僕は好きです。

なので、ガンガン攻撃的に行きたい場合は、アタッキングランを「常にオーバーラップ」にすると面白いです。

もし、ディフェンス面で心配な場合は、「バランスオフェンス」か、どちらか片方(オススメはマルセロ)を常にオーバーラップ設定という手もあります。

センターバック(ラモス、ヴァラン)

これは完全お好みで!

闘莉王みたいなのが好きな人は、CBのどちらかをアタッキングサポート「攻撃参加」にしてみるのもアリです。

僕はラモスを「攻撃参加」にしてます(現実世界でも大事な場面で決めたりするので)

YOKOのプレイ動画

参考にならないかもですが、よろしければ!

白いレアルが僕です。

スポンサーリンク

オススメのフォーメーションその2 4-3-3 守備的

同じ4−3−3でも、ホールディングとは少し違います。

ホールディングでは攻撃的インサイドハーフ2枚の下にアンカーという形ですが、こちらのフォーメーションでは攻撃的セントラルミッドフィルダー1枚にダブルボランチの形になっております。

ホールディングは攻撃力が高いですが、こちらの守備的はダブルボランチになることで、より守備に安定度が増すといった感じです。

配置メンバー

前線の3トップとディフェンスラインはホールディングの時と一緒です。

違うのは中盤。

セントラルミッドフィールダーに攻撃センス抜群のイスコ(もしくはアセンシオ)

ダブルボランチにカゼミーロのような守備専ではないが標準以上の守備能力を持つモドリッチ、クロースの配置がオススメです。

戦術

ホールディングでも守備的でも、ボールを奪ったら直ぐにBBCトリオにボールを配給するのが一番。

てな訳で、このフォーメーションでもカウンターがオススメ。

個人の条件設定

ディフェンスライン、3トップはホールディングのときと一緒。

違うのは、やはり中盤です。

セントラルミッドフィールダー(イスコorアセンシオ)

ダブルボランチがいるので、攻撃に専念した方が良いです。

よって、アタッキングサポート「前に行く」を設定。

ダブルボランチ(モドリッチ、クロース)

ダブルボランチなので、ガッツリ後ろに張る必要はありません。

守備をしつつ、セントラルミットフィールダーのイスコのサポートや攻撃参加を積極的にして欲しいので、バランス(初期設定)に設定。

もしくは、どちらかをアタッキングサポート「前に行く」に設定でも良いです。

YOKOのプレイ動画

4−3−3守備的の動画も撮りましたので、よろしければ!

やっぱベイルのスピードはえげつないですね〜。

まとめ

いかがだったでしょうか?

僕的にオススメするレアルのフォーメーションは4−3−3です。

4−3−3にもいくつか種類があって、攻撃的に行きたい場合は、4−3−3−ホールディングがオススメ。

4−3−3攻撃的というホールディングよりさらに攻撃的なフォーメーションがありますが、レアルの場合は3トップが十分に超攻撃型なので、中盤をあまり前がかりにし過ぎるとバランス的にやり辛いと感じました。

また、守備的に行きたい場合は、4−3−3守備的で行くと、さらに中盤の安定度が増すかな〜といった感じです。

最近、現実でもゲームでもレアルは2トップになる傾向が多くなってきてますが、僕的にはレアルと言ったらBBCトリオの3トップが一番レアルらしさが出るんじゃないかと思ってます。

少なくとも、3トップの誰かの能力が落ちない限り、僕は4−3−3でやり続けるつもりです。

とにかく楽しんでレアル使って、ガンガン点取っていきましょー!

ではでは〜。

スポンサーリンク