どーも!

今更ながらJリーグにハマっているYOKOです。

前回、ヴィッセル神戸のイニエスタについて語りました。(イニエスタの記事は、こちら

イニエスタが神戸に移籍してきたのも驚きですが、サガン鳥栖にもすごい選手が移籍してきました。

その名も、F(フェルナンド)・トーレス

スペイン代表やビッククラブで活躍してきた世界的な選手です。

サガン鳥栖は今、降格圏内にいる上、エースのイバルボも負傷しているという危機的状況。

なので、トーレスにはチームの救世主としての期待感が懸かってます。

今回は、FIFA18でサガン鳥栖のトーレスを分析してみました。

スポンサーリンク

イケメン?師匠? F・トーレスって、どんな選手?

トーレスは元スペイン代表のFW

アトレティコ(スペイン)、リヴァプール(イングランド)、チェルシー(イングランド)、ACミラン(イタリア)というヨーロッパのビッククラブでプレーし続けた選手です。

入団会見を見てわかる通りめっちゃイケメンです。

個人的に20代前半の時のような優男風だった頃より、今の方がワイルドな感じでさらにカッコイイと思います!

経歴から見て一流FWであることは間違いないのですが、日本では何故か「師匠」と呼ばれ、若干イジられ感がある選手でもあります。

「師匠」というあだ名の由来は、所属チームや時期によってチャンスを外しまくることがあるから。(それで何故、師匠になるかは僕的に理解できませんが汗)

確かに堅守速攻のアトレティコやリヴァプールでは点を量産していましたが、ポゼッション重視のスペイン代表やチェルシー(トーレスがいた当時)では、点が取れずに苦戦していた印象です。(それでも大事な時に点が取れるのがトーレスのすごい所!)

FIFA18 F・トーレスの能力

今回もFIFA18で能力分析していきたいと思います。

まず、総合能力値が80

現在34歳で全盛期程ではないにしろ、Jリーグで80台の能力値の選手は超貴重です。(てか、いない。イニエスタくらいですかね)

細かい能力値でいうと

恵まれた体格(186cm79kg)、逆足精度が星4、フィジカル、ダッシュ、加速、視野、ジャンプ、コントロール、ヘディング、ショートパスが70越え。(日本では師匠と揶揄されるけど、決定力もちゃんと76ある)

シュート力、ボレー、ドリブルが80台。 FWに必要な能力が高次元でバランスよく備わってます。

左右両足蹴れて、ヘディングも強く、スピードがあるので裏抜けも得意!

様々な得点パターンを持った正真正銘のワールドクラスの選手です。

スポンサーリンク

F・トーレスが入団したサガン鳥栖って、どんなチーム?

特徴

キープ力が高い元コロンビア代表のFWイバルボにボールを集め、周りの選手がそれに連動するという攻撃パターンが多いチームでした。

しかし、その攻撃の核のイバルボが靭帯断裂で今シーズン絶望。(登録も抹消されたようです)

チームも17節現在は17位で降格圏内という危機的状況。

トーレスへの期待感は半端なく大きい状況です

注目選手

金崎夢生

ちょうど昨日、鹿島から金崎夢生の移籍が発表されました。

日本人としては、トップクラスの総合能力値73

詳しい能力値はこちら。

日本人としては珍しくフィジカルが80を超えてます。 また、スピードとスタミナに優れ、前線の幅広いエリアを動き回れる運動量があります。

トーレスとの2トップが非常に楽しみです。

フォーメーション

予想ベスト布陣がこちら。

まだFIFA18では移籍が反映されていなかったので、画像の2トップの一角が田川になっていますが、実際は金崎とトーレスがベストだと思います。

控えに豊田や若手の田川がいてFW陣に関しては非常に充実しています。

が、金崎とトレードの形で、ディフェンスの要のチョン・スンヒョンが鹿島に移籍するため、守備陣の層に不安があります。

また、中盤にはFW陣にパスが供給できる強力なパサーがいないのも気になるところ。

F・トーレスデビューの第17節 サガン鳥栖VSベガルダ仙台戦を振り返る。

後半5分からの途中出場でしたが、ヘディングでのポストプレー、小野とのコンビネーションからのシュート、吉田への絶妙なパスなど見せ場がたくさんありました。

ゴールこそありませんでしたが、かなりキレキレでチームにも順応してるっぽいですね。 次はスタメンでゴールを期待できそうです。

次節 18節 サガン鳥栖VSジュビロ磐田 プレビュー

次節第18節 対ジュビロ戦をFIFA18でシュミレートしてみました。

トーレスの2ゴール1アシストの大活躍!

現実でも早く初ゴールが見たいですね。

まとめ

今回の記事をまとめますと

・サガン鳥栖に世界的なフォワード F・トーレスが移籍してきた
・サガン鳥栖は現在17位で、エースのイバルボも怪我で欠いてるので結構ピンチ!
・トーレスデビュー戦は後半からの出場でしたが、チャンスを何度も作り良い内容だったので今後に期待できそう

でした。

いや〜、実際トーレスどうなんだろう?と思ってましたが、見た感じチームにかなりフィットしてそうでしたね。

せっかくトーレス移籍してきたのに、J2に落ちるのは見たくないです。(セレッソのフォルランの二の舞だけはマジ勘弁)

トーレス率いるサガン鳥栖、今後も注目していきましょう!

ではでは〜!

スポンサーリンク