どーも!

メッシよりクリロナ派のYOKOです。

僕がFIFAを初めて約4年。

その間、ひたすらオンラインシーズン(既存のチームを使ってのオンライン)だけしかやってきませんでした。

そろそろ他のモードがやりたい!

そこで目を付けたのが「ULTIMATE TEAM」モード

略してUT

今まで何度も始めてみようと思ってましたが、正直何だか難しそうに見えて敬遠してました。

対戦に勝つのが難しいという意味でなく、選手獲得やコインの集め方や対戦のシステムやらが、脳筋な僕にはやたらと複雑に見えたんです。

しかし、世界中のFIFAプレーヤー達がこぞってUTに熱狂しているのも事実。

そんなわけで、今更ながらUTに参戦することにしました!

これからFIFA18 UT実践記というシリーズを通して、僕のようなUT敬遠組がUTに興味持てるような実践記を赤裸々に公開していきます。

今回は、僕がFIFA ULTIMATE TEAM(略してFUT)を初めた様子と、今後のFUTの進め方についてを語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも、UTって何?

僕が今までUTをやれなかったのは、どんなモードかよく知らなかったから。

存在は知ってるけど、何だか難しそうというメンタルブロックが邪魔してました。

けど、今回やってみて、それが只の思い込みだったのが分かりました。

意外と難しくない!(システム的に)

そして、めっちゃ楽しい!!

UTモードをざっくり説明すると、、

オフライン(対コンピューター)もしくはオンライン(対自分と同じUTプレイヤー)で対戦する。

勝利し、報酬としてコインを貰う。

集めたコインで好きな選手を買う。

自分にとって理想のチームを作る。

です。

本当にざっくり言うとこんな感じです。

もちろん細かいシステムや僕自身まだ理解できてない要素も多々ありますが、この実践記を通して一緒に究極のチーム作っていきましょう!

スポンサーリンク

初期チーム作ってみた!

てな訳で、早速チームを作ってみました。

まずは、スターターパックの選択

最初に国を選択します。

国を選択すると、初期のチーム編成がその国の選手中心になります。

僕は、レアルマドリードが好きなんでスペインにしました。

今後は、スペイン国籍もしくはリーガエスパニョーラの選手を中心にチームを作っていきます。(国籍やリーグはなるべく一緒にした方が良い。詳しくは別記事で紹介します)

最初にゴールドカードの選手が一枚ランダムでプレゼントされます。

今回は、エスパニョールのFWモレノ選手ゲット。

そして、このサブと控えを含めた21人が記念すべきYOKOの初期チーム。

う〜ん、誰も知らない(笑)

赤丸で囲った数値が、その選手の総合能力値(レーディング)

ブロンズカード(能力値が64以下)の選手が16人

シルバーカード(能力値が65以上)の選手が2人

ゴールドカード(能力値が75以上)の選手が3人

最初はこんなもんでしょう。

そして、初期チーム立ち上げ記念に高レーディング5選手の中から1枚もらうことができます。

しかし、これはあくまでレンタル選手なので有頂天になり過ぎないようにしましょう。(レンタル選手の顔の右横にある青い数字が使える試合数です。それ以降は使えなくなります。契約延長もできません)

今回は、スペイン国籍でリーガエスパニョーラ所属の世界屈指のDFセルヒオ・ラモスを選択。

ユニフォームとバッジを選択

既存のクラブチームのユニフォーム(ホーム、アウェイ)とエンブレムを自分のクラブチームのユニとエンブレムとして設定できます。

後々、変更できるので適当に自分がかっこいいなーと思うやつを選びましょう。

こんな感じで、僕のUTチームが設定できました。

これから、伝説の幕開けです(笑)

今後のUTの進め方

最初はオフライン

とりあえずは、オフライン(対コンピューター)でコインを貯め、戦力充実させます。

ある程度、UTに慣れ、チームの戦力が充実したらオンラインデビューしていこうかなと思います。

課金or無課金?

FIFA UTは課金ができるモードです。

実際のお金でFIFAポイントを買い、それで様々なパックを得ることが出来ます。

戦力を手っ取り早く揃えるなら、課金をするのが一番だと思います。

しかし、僕は無課金でいきます!

何故ならば、一度課金すると止まらなくなりそうで怖いから。

お金持ちではないんで、地道にコツコツとコインを貯めていきます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

とりあえず今回は、初期チーム作りと今後の方針でした。

あとはオフラインやオンラインで対戦して、勝ちまくって、コイン貰いまくって、好きな選手を買いまくって、理想の究極チームを作るのみです。

まぁ、上手くいかないことも多々あるのが目に見えてますが、為になる実践記になるよう頑張りますので今後ともよろしくです。

ではでは〜!

スポンサーリンク