どーも!

メッシは一生衰えないんじゃないかと思ってるYOKOです。

毎晩激戦が繰り広げられてます。

今回のワールドカップを見て感じるのが、強豪国の苦戦です。

特に驚いたのが、アルゼンチンが初出場のアイスランド相手にまさかの引き分け。

本来のアルゼンチンであれば問題なく勝てたはずですが、やはりそこはワールドカップ。

一筋縄ではいきません。

個人的にアルゼンチンには、グループリーグで消えて欲しくないです。

1試合でも多く、メッシのプレーが見たいです。

次に当たるのは、クロアチアとナイジェリア

これら強豪に勝つには、メッシだけでなく、他の選手の活躍も必要です。

今回は、FIFA18の観点からアルゼンチン代表の戦力を分析していきたいと思います。

スポンサーリンク

アルゼンチン代表メンバー23人

GK

・カバジェロ

・グズマン

・アルマニ

DF

・オタメンディ

・ロホ

・ファシオ

・アンサルディ

・タグリアフィコ

・メルカド

MF

・ディバラ

・ペレス

・ロ・セルソ

・バネガ

・マスチェラーノ

・ビリア

FW

・アグエロ

・イグアイン

・メッシ

・パボン

・サルビオ

・メサ

・ディマリア

・アクーニャ

以上の23人

前線の選手層がエグい!

豊富というより過剰なくらい前線にスターが揃ってます。

アグエロ、イグアイン、ディバラ、メッシ、ディ・マリア。

FIFAやってる僕からしたら、この辺りを同時起用したいところですが、現実では連携面で色々難しいです。

このスター選手達をどう使い分けていくかが、アルゼンチン勝利の肝になりそうです。

逆に守備は、マスチェラーノやオタメンディといった実力者はいるけど、全体的に地味な印象。

スポンサーリンク

対アイスランド戦 フォーメーション&スタメン

グループリーグ初戦のアイスランド戦でのフォーメーションがこちら。

4−2−3−1

トップに得点能力が高いアグエロ

トップ下にエースのメッシ

9バルセロナではウイングの位置から中に切れ込みゴールを量産するイメージですが、代表ではトップ下でゲームメイクする感じです)。

左が運動量豊富なドリブラーのディ・マリア

右が中に切り込むドリブラーのメサ

ダブルボランチに配給役のビリアと守備専のマスチェラーノ

左サイドバックがスピードがあるタグリアフィコ

右サイドバックが普段はアタッカーだけど今回はサイドバックで出場のサルビオ

センターバックが空中戦に強いロホと一対一に強いオタメンディ

キーパーがカバジェロ(正ゴールキーパーのロメロは怪我でメンバー落選)。

チームの特徴

伝統のアルゼンチンのスタイルは、堅守で守って前線の縦に速い選手にボールを預けるカウンタースタイル。

今回はとにかくメッシにボールを預け、彼の個人技や展開力に頼る形です。

周りの選手はとにかく動き回って、メッシが自由に動けるようにスペースを作るのが仕事。

まさに、戦術メッシといった感じです。

弱点は?

メッシ依存症と言われるように、メッシ頼みすぎるのが最大の弱点です。

メッシが不調だと、攻撃が一気に停滞してしまいます。

実際、こないだのアイスランド戦では下がりまくってた相手をメッシが突破できず、引き分けに終わってしまいました。

また、本来の正ゴールキーパーはロメロですが、怪我のためメンバーから落選してしまいました。

ロメロ以外のキーパーは、ちょっとクオリティが落ちる印象(FIFA18の能力値は3人とも70台)。

強豪国のキーパーはいずれもビッククラブの正ゴールキーパー(みんな能力値80越え)なので、守備面でちょっと心配な感じがします。

キーマン

メッシ

現実でもゲームでも最強の選手。

ドリブルや決定力など攻撃に関する能力が高すぎる。(90超える項目が12個)

おそらく能力値ピークで挑める最後のワールドカップなので、ぜひ伝説を残して欲しいです。

ディマリア

くねくねドリブラー。

2010年と2014年のワールドカップで大活躍だったので、今回も頑張ってくれると信じてます(初戦は微妙だった)。

スキルムーブがMAX5なので、得意技のラボーナ再現できます。

アグエロ

アイスランド戦で圧巻のゴールを見せつけたストライカー。

バランス91、加速90に優れ、単独でゴール狙えます。

個人的にイグアインとの2トップを見てみたい。

FIFA18でアルゼンチン使ってみた!

今回は、グループリーグ2戦目のクロアチア(難易度レジェンド)と対戦してみました。

左サイドバックのタグリアフィコが大活躍でした。

まとめ

今回の記事をまとめると

・アルゼンチンの前線のタレント豊富すぎる(守備は地味め)

・良くも悪くもメッシ次第のチーム

・メッシが調子良く、周りも連動できればかなり強い

でした。

前線にタレントを揃えるアルゼンチンですが、メッシは別格です。

それだけに、メッシへの負担やマークが激しくなります。

が、そこを打破できるのがメッシであり、スーパースターだと思います。

そして、メッシをサポートできるだけのメンバーがアルゼンチンには揃っています。

メッシと周りの選手が連動できる瞬間に期待したいと思います。

ではでは〜!

スポンサーリンク