どーも!

ちょっと前まで好きな選手はモドリッチと言っとけば通ぶれたけど、今大会からはそうはいかなそうと感じるYOKOです。

グループDの第2戦で大波乱が起こりました。

優勝候補のアルゼンチンがクロアチアに0−3で惨敗。

前評判ではグループDの本命はアルゼンチンで、時点がクロアチアという風潮でした。

ですが、蓋を開けてみたらクロアチアが2連勝でグループリーグ突破を早々に決めました。

大会前にハリルホジッチがクロアチア代表を絶賛していましたが、まさにその通りの強さを見せつけています。

今回は、今大会のダークホースになりつつあるクロアチアの戦力を分析してみました。

スポンサーリンク

クロアチア代表メンバー23人

GK

・スバチッチ

・カリニッチ

・リヴァコビッチ

DF

・ロブレン

・チョルルカ

・ヴィダ

・チャレタ=ツァル

・ストリニッチ

・ピバリッチ

・ヴルサリコ

・イェドバイ

MF

・ブロゾビッチ

・ラキティッチ

・モドリッチ

・バデリ

・コバチッチ

・ブラダリッチ

・ペリシッチ

・ピアツァ

FW

・マンジュキッチ

・クラマリッチ

以上の22人(ナイジェリア戦でカリニッチが途中出場を拒否し、その後に強制帰国されました。本大会では22人で戦います)

全体的に見れば若干強豪国に劣るものの、各ポジションに実力者を擁してます。

特に目を引くのは中盤のタレント

モドリッチとラキティッチというレアルとバルサでそれぞれ中核を担う選手がいます。

また、前線にはマンジュキッチという屈強なFWやペリシッチのようなサイドアタッカーがいたりなど、なかなか侮れない曲者揃いなメンバーです。

スポンサーリンク

フォーメーション&スタメン

対ナイジェリア

グループリーグ初戦の相手はナイジェリア。

その時のフォーメーションとスタメンがこちら。

モドリッチ、ラキティッチをダブルボランチにしたクロアチアの基本フォーメーション4−2−3−1

結果は、2−0でクロアチアの勝利!

対アルゼンチン

グループリーグ2戦目でメッシ擁するアルゼンチンと当たりました。

その時のフォーメーションとスタメンがこちら。

ブロゾビッチをアンカーにし、モドリッチとラキティッチを一列前に置いた4−1−4−1

下馬評ではアルゼンチン有利でしたが、蓋を開けてみたらクロアチアが3−0で圧勝!

チームの特徴

世界的ゲームメーカーコンビ(モドリッチとラキティッチ)を中心に攻撃を組み立てていくスタイル。

メッシ依存症のアルゼンチンとは違い(メッシにパス出して、あとはお願いします的な)、モドリッチ、ラキティッチがボールを持ったら周りの選手もちゃんと連動します。

そして、モドリッチとラキティッチは攻撃だけでなく守備もちゃんと頑張るのがスゴイ!

タレント力とチームワークを両立した素晴らしいチームです。

キーマン

モドリッチ

個人的に世界で一番サッカー上手いと思ってる選手。

今回のワールドカップでも活躍が絶賛されていますが、ゲームでもトップクラスの能力。

ボールコントロール92、ショートパス92、視野90、敏捷性93、バランス94など90越えの能力値が多め。

中盤で相手をひらひら躱し、精度の高いパスでゲームを作れます。

ラキティッチ

モドリッチと並ぶクロアチアのスター。

全体的なクオリティはモドリッチよりやや劣りますが、ロングパス90やロングシュート88などの能力は上。

また、代表ではフリーキック蹴ります(FK精度84)。

マンジュキッチ

身長190センチ、ジャンプ85、ヘディング精度90を誇るポストプレイヤー。

ポストプレイ以外に守備も頑張れる特徴がある為、クラブではサイドで使われることが多いです。

今大会では、センターフォワードのカリニッチが強制帰国になったのでワントップでの起用が主になりそうです。

FIFA18でクロアチア使ってみた!

今回は、グループステージ3戦目に当たるアイスランド(難易度レジェンド)でやってみました。

フォーメーションは基本の4−2−3−1。

モドリッチのロングシュート精度良すぎですね。

まとめ

今回の記事をまとめると、

・クロアチアが優勝候補のアルゼンチンに完勝し、今大会のダークホースになりつつある。

・チームの特徴は、モドリッチやラキティッチのような世界的なタレントを擁している

・それにプラス、チームワーク(モドリッチ、ラキティッチも守備頑張る)が融合した完成度の高いチーム

でした。

レアル好きな僕としては、モドリッチが躍動してるのがスゴイ嬉しいです。

決勝トーナメントでどこと当たるかまだ分かりませんが、今の勢いならかなり良い所までいけると思います。

ますます、FIFAとワールドカップ楽しんでいきましょう!

ではでは〜!

スポンサーリンク