どーも!

パス精度の低さがたまにキズなYOKOです。

トップ下の選手と聞いて、どんな選手が想像できますか? 

ドリブル出来て、

決定力があって、

何より、華麗なパスで試合を決定づけられる10番タイプの選手を思い浮かべたのではないでしょうか?

マンガで言うと、大空翼。

昔の選手で言うと、ジダン。

正に天才型の選手のポジションというイメージがありますね。

そして、個人的に現代サッカーでこのトップ下のポジションが一番似合うと思っているのが今回ご紹介する、デンマーク代表、トッテナム所属のエリクセンです。

現代サッカーでは、トップ下は絶滅危惧種と言われています。

何故ならば、現代は全員ある程度守備もこなす必要があるし、バイタルエリア(真ん中のエリア)のスペースが狭く、従来の王様型のトップ下が輝くのが難しい状況になってます。

しかし、そんな中、エリクセンはトップ下としてもエレガントで華麗なプレイを可能としています。

今回は、そんな天才型ミッドフィルダーであるエリクセンの能力やプレースタイルをFIFA19で解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

パスだけじゃない!? 現代型トップ下 エリクセンの能力

FIFA19でのエリクセンの能力値がこちら

総合能力値は、世界トップクラスの88

やはり、シュート、パス、ドリブルの三拍子が揃ってます。

特にパスの能力が素晴らしいです。

広い視野(91)、ショートパス(91)、ロングパス(87)でチャンスを演出します。

また、フリーキック(87)、クロス(88)、カーブ(86)も一級品なのでプレースキッカーとしても活躍できます。

また、エリクセンが従来の王様型のトップ下と違うのは、運動量です。

スタミナ(92)が非常に高く、広いエリアを動き回れます。

ドリブル(84)、コントロール(91)、リアクション(88)も高いので、スペースの狭い真ん中のエリアでもボールを失いません。

加えて、シュート力(84)、ロングシュート(89)も高く、点もバンバン獲れます。

サイドに流れたとしても、クロス精度(88)が高いので、広いエリアでチャンスメイクができる選手ですね。

また、彼の特徴の一つが、ほぼ両効きであるということ。

FIFAでも、逆足精度が星5です。

あれだけパス精度が高くて、シュート力がある上に、さらに両足で蹴れるとか恐ろしすぎです。

弱点は、フィジカルの低さですね。

ジャンプ力も低いので、空中戦での競り合いで勝つのはあまり期待できなさそうです。

まぁ、この辺のフィジカル系は、テクニック系の中盤の選手に求めるのは酷なものなので仕方ないです。

スポンサーリンク

UTモードでのエリクセン

プレミアスカッドでプレーしている人で、トップ下の選手をお探しなら、是非エリクセンをオススメします。

必要コイン数 (即決価格)

11月下旬現在だと、10万コイン掛からないくらいですね。

無課金プレイヤーにはちょっと高いけど、頑張れば手が届きそうなコイン数です。

ちなみに僕は、スカッドバトル頑張りまくってなんとか手に入れました。

コントロールシュートめっちゃ入るんで、オススメですよ!

オススメ ケミストリースタイル

エリクセンのオススメなケミストリースタイルは、


マエストロ(シュート、ドリブル、パスが中程度アップ)です。

エリクセンの得意分野をシンプルに伸ばすスタイルですね。

エリクセンにマエストロって単語の組み合わせが、なんだか天才っぽい響きで個人的に気に入ってます(笑)

FIFA19 エリクセン プレー動画

今回も動画撮ってみました。

お時間あれば是非!

最後に

今回の記事をまとめますと

・エリクセンは、シュート、パス、ドリブルの三拍子そろったトップ下(特にパス能力が世界最高峰)

・それに加え、運動量が豊富で走り回れる点が、現代型のトップ下と言われる所以。

・UTモードでは10万コイン以下で手に入るので、プレミアスカッドプレイヤーは是非獲得をオススメ!

でした。

クラブチームでは、右サイドをやることもあるエリクセンでしたが、彼の能力を最大限に生かせるのがトップ下だと思います。

もしくは、インサイドハーフでゲームを組み立てるのも良いかと。

いずれにせよ、今後のエリクセンの活躍に期待ですね!(どこに移籍するかも、すごい気になる。レアルに来てくれたら嬉しいな)

ではでは〜!

スポンサーリンク