どーも!

背は高いけど、フィジカルは弱いYOKOです。

テクニックとフィジカル両方持ち合わせてるプレーヤーといえば誰を思い浮かべますか?

ちょっと昔で言えば、パトリック・ヴィエラ。

現代で言ったら、やはりポール・ポグバあたりではないでしょうか。

上手くて、デカくて、強い!

そんなヤツが中盤に1人でもいたらメチャメチャ頼りになりますよね。

今回は、現代最高峰の中盤であるポグバのプレースタイルや能力をFIFA19の観点からレビューしていきます。

スポンサーリンク

ポール・ポグバのプレースタイル&能力

マンチェスター・ユナイデット所属のフランス人プレーヤー。

191cm84kgという恵まれた体格にテクニックを併せ持ったオールラウンダー。

ポジションはセントラルミットフィールダー、もしくはインサイドハーフ

攻撃、守備ともに高い能力を持っているので、トップ下やボランチもできます。

ワールッドカップでは、カンテ(カンテに関して詳しくはこちら)とダブルボランチを組んで問題なくプレーし、見事優勝しましたね。

中盤のドコにおいてもフィジカルとテクニックを生かしてダイナミックに活躍してくれます。

スポンサーリンク

FIFA19での能力値

FIFA19でのポグバの能力値はこちら

OVR(総合能力値)は、88

まず目が行くのはフィジカルの高さ。

身長191cm、84kgの体躯にジャンプ(85)、スタミナ(90)、フィジカル(89)という身体能力が脅威的です。

コーナーキックからの得点、ゴールキックからのボールの跳ね返し等、空中戦で非常に頼りになります。

テクニシャン、機動系の多い中盤において、こういうフィジカルモンスターが1人いると頼りになりますね。

そして、見かけによらず(笑)パスが非常に上手い。

特にロングフィード(ロングパス90)の能力が高く、展開力に優れてます。

そして、シュート力(90)も高く、二列目からのシュートも期待できます。

ドリブル系能力も高く、特にコントロール(90)が高く、持ち前のフィジカルも相まって非常に高いキープ力も要しています。

極めつけは、スキルムーブMAX★5

ここまでフィジカルとテクニックを併せ持ったプレイヤーは他にいないです。

弱点

攻撃面ではどの能力もバランスよく高いですが、ペース(スピード)はやや物足りない感があります。

守備面では、ボランチで使うとしたらやや低め且つ守備意識も低いので、ダブルボランチの相方を守備型にする、もしくはケミストリースタイルで補う必要がありそうですね。

おすすめケミストリースタイル

オススメのケミストリースタイルは、インサイドハーフ、セントラルミットフィールダー、トップ下など攻撃的に使う場合は、

攻撃性能をバランスよく伸ばせる

マエストロ(シュート、ドリブル、パスがアップ)

ボランチなど守備的な位置で使う場合は、

シャドー(ペース、フィジカル大幅アップ)

あたりがオススメです。

ポグバ獲得に必要なコイン数(即決)

2019年3月18日現在のポグバ獲得に必要なコイン数

ノーマル(ゴールド) 約20万コイン

チャンピオンズリーグ 約35万コイン

TOTY OVR89 約41万コイン

TOTY OVR90 約68万コイン

FUTヘッドライナー 約160万コイン

最後に

ポグバめっちゃ魅力的ですね!

中盤ならどこでもできそうですが、僕はボランチで使ってます。

ワンボランチ(アンカー)はお勧めしませんが、ダブルボランチで守備型の相方(カンテとか)と組ませればかなり良い感じで活躍してくれます。

是非、中盤の一角にポグバを検討してみてはいかがでしょうか。

今回はこの辺で! 

ではでは〜。

スポンサーリンク