どーも!

サッカーのルールを100%理解してるか怪しいYOKOです。

数十年(もしかしたら数百年?)に渡りサッカーのルールは改良を重ねられて、今のような形になりました。

ちゃんとしたルールが存在するから、サッカーは面白いのだと思います。

けど、たまにはそんな常識から逸脱したサッカーが見てみたい!

そう思ったあなたに朗報です!

FIFA19のキックオフモード(プレシーズンマッチ)で5つの特殊ルールがプレイできるようになりました。

今回は、ちょっとカオスな特殊ルールをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ロングレンジ

通常のサッカーでは、どんなところから決めても1点は1点。

バスケのようにシュートする距離によって点数が変わるなんてことはありえません。

が、この特殊ルール「ロングレンジ」では、ペナルティ外から決まったシュートは2点になるという斬新なもの。

中盤にミドルの名手(クロース、モドリッチ)がいるレアルを選択。

ミドルで決めることを意識しすぎましたね(汗)

が、決めたら本当に2点と表示されてちょっと感動。

一点差で負けてて、ロスタイムにペナ外からのミドルとか決めたらめっちゃドラマティックですね!

サバイバル

一点取ったら、選手が一人抜けるといったルール(最大4人)

あまり早く点を決めすぎると不利になるなど、意外に戦略が必要なルールです。

どの選手が抜けても大丈夫なように、全員能力値がバランスよく高いアトレティコを選択。

最後は、完全ソサイチ(7人制サッカー)でしたね。

最後の選手の疲れ具合がヤバイ。

スポンサーリンク

ヘディング&ボレー

ヘディングとボレー以外は、すべてノーゴールとされてしまうルール。

サイド攻撃が得意なチーム、優秀なクロッサーがいるチーム、でかくてフィジカル強い奴FWがいるチームが有利そうですね。

フィジカルモンスターことルカクがいるマンUを選択。

いや〜、僕クロスからの得点苦手なんですよね(汗)

最後の最後に、左右の揺さぶりからのルカクボレーが見事に決まりました。

FIREST TO シリーズ

最初にゴール数を設定し、そのゴール数が決まったら即試合終了というルール。

今回は、1点決まったら即試合終了という設定。

これなら、格上相手にもワンチャンあるかも!

ということで、鹿島アントラーズでバルサに挑戦。

なんと、最初のワンプレーで試合終了。

観客はどんな気持ちなんだろう(笑)

最後の実況の「それでは中継もここまでになります」にじわったww

ノールール

最後は、オフサイなし、ファウルなしのノールール!

ゴール前での待ち伏せ、デススライディングし放題の無法ルールです。

サッカー界きっての武闘派イブラ率いるLAギャラクシーを選択。

思いっきりオフサイポジションからのゴールが気持ちいい。

あと、スライディング当てるの意外に難しい!

ストレス発散にもってこいですね。

最後に

いや〜、たまの気晴らしにやってみると、めっちゃ面白いですね。

というか、普通にゲームとして面白い。

むしろ現実でやってほしいくらいです(特にノールール笑)。

次回作は、男女混合チームを希望(女子のゴールは3点とか)!

特殊ルールまだやってない人は是非やってみてくださいね。

ではでは〜!

スポンサーリンク